家族に霊障がある

ご家族や恋人など身近な存在に憑依されている(霊魂が憑いている)人がいることであなた自身にも霊的影響を受けることがあるのをご存知でありましょうか?

霊的影響というのは何も自分自身に憑依されていなくても、身の回りに接する身近な人が霊的影響その被害を受けている・憑依されているだけでもそれは容易に起こり得ることなのです。それは霊魂について深く追求してこなければ判らない知識と感覚ではありますが、こうしたことが判りづらい一般の人達には気付かず過ごされているケースが普通ではあります。

それでは何故、自分自身に憑依されていなくても、身近な人に憑依している霊魂からの影響を受けてしまうのでしょうか?

それは、少なからず霊的感覚がある方に影響を受けやすい点がありますように、霊魂というものは人間の持つ波長、いわゆる人間の魂から発信される波長に同調してくるものなのです。簡単に言い表しますと、影響力を持つ霊魂からのメッセージを精神性が欠落し掛かって落ち込み始めた時に受け取ってしまわれる、そういう意味合いで捉えて頂いて結構かと思います。

s-10-10_XS.jpg

ですから、もしも、身内であるご家族に憑依された方がいれば、同じ家に住む方でも霊的影響を受ける人は否が応でも出てきやすいものですし、可能性があります。

但し、家中全員が霊的影響を受けて何らかの異常状態その症状が出てくる、真っ只中にある訳ではなく、家族の中でも霊的感覚がある人(※本人はその感覚があることに気付いていない場合が多い)はいましてその方に影響を及ぼすことがあり、霊的感覚がない人には影響があっても差ほど判っていない、そういった部分はあります。

このように、ただ単に霊障と言いましても、その本人に直接的な霊魂からの影響があるのか、ないのかも含めて見定めていく必要があります。

とり憑かれた(憑依された)人自体はと言いますと、自分で「霊にとり憑かれている!」とは自覚しにくいものですし、尚更、その症状状態が精神疾患と決めつけて思い込んでいる場合には余計に気がつきにくいものです。

真正気功では、ご家族の中で明らかに異常状態である方がいた場合には、そちらも視野に入れてまずは霊障の判断をしてまいりますけれど、周りにいる人達には冷静な視点、心の強さを身に付ける、そういうことも必要にはなってまいります。

では人間的にどうしていれば良いかという話になりますが、それには人として普段からなるべく低い視点で物事を拾わないようにし、尚且つつまらないと感じていることに深く取り入らないようにすることがこのような時には大事になってまいります。

「低い霊魂からの波長に同調しないこと」それは、前述しました内容からもお判り頂けることかと思いますが、低いレベルの意識になることは低級霊の意識と同じになることであり、その意識を改善していかないことにはいつまで経っても霊的影響をかわすことに至りません。ですから、ご家族の中にとり憑かれた・憑依されたその状態が考えられる人がいる時には霊的な影響も視野に入れて、とり憑かれた人と同じ意識にならないようにすることが人間的に求められるのです。

また、低級霊からの影響は心の下向き加減によって大きく作用してしまうことは、霊界のしくみの中で、人間の根本である心の偉大さが何よりも人一人に大事となる部分だと教えてもくれています。人間はその心の持ちようで幾らでも低いモノをかき集めることも容易なのだと気が付かなければなりません。だからこそ、それでもご自身が落ち着いて物事の判断を正しく見極めていかれるのにはどうしても心の眼を養われておくことが益々重要視される部分ではあるのです。

s-10-11_XS.jpg

霊的影響というものは、例えば治まらぬ頭痛、寝付くことが困難な突然の痛み、言葉で言いようもない不安感、精神的に落ち着かないこと、そのような症状状態は霊的な二次影響からでも受けることは珍しいことではありません。

このことからもご相談者に霊障の疑いがあったとしても、実際にはその影響をもたらしている霊魂の本性は別にあり、その要因・本元をあぶり出すことも中には必要になってくる場合も出てきます。これにはご相談ご依頼者にこの事実を理解認識して頂かなければ霊的な解決方法も先へと進むことが難しくもあります。

霊的影響が考えられる場合には、遠隔気功でもその算段をとっていくこと、解決に向かうことは可能であります。算段としてはご家族のどなたかに霊障がある、そういうことにはその方の周りの状況を確認していく人間的な対話等での地味な作業もありますし、霊的能力でもってどの方向性で対処していくのかをそれから先の段取りとして考えなければならない点もでてきます。

また、土地・家屋・物品なども考慮し奥底を調べる段階、その辺りの霊的影響の懸念が強ければ、これは直接現地まで行って霊的に実証検分といいますか、対処する必要は出てきます。いずれにしても、ご相談者がどこまで望まれるのか、そういったことも踏まえまして真正気功では霊魂の問題、霊障問題にあたらせて頂いております。